生活にも効率にもメリットがあるエアコン取り付け向きを

部屋のかたちは、真四角ということはかなり珍しいでしょう。長手と短手が存在するのが一般的なレイアウトです。この時に、エアコン取り付けをどこにするのかというところから考えてみる必要があります。空気の流れも考えていくと、少しでも効率の良い使い方が見えてくるからです。空気の流れには特性があり、エアコン取り付けをうまくおこなっていけば、その向き次第で電気代も大幅に変わっていきます。

エアコンの風は直進する

エアコンエアコンの設置に関して言えば、場所によって大きな効率の差が生まれます。向きが大切になってくることになりますが、これは空気の特性が絡んでいるからです。エアコンには風の強さのコントロールもできますが、この時に風はまっすぐにしか進んでいきません。曲がったりすることがないため、冷やしたい、暖めたいと思っている場所に届くかどうかを考えなければいけないでしょう。ダイニングキッチンにエアコン取り付けをしても、向きによってはキッチンにまったく届かないということも出てきます。風は決して曲がったりしないのですから、向きは重要な意味があるでしょう。

風は温度によって密度が変わります。暖まれば膨張していくため、密度は低くなり軽くなるのはどんなものでも変わりません。空気も暖かいと天井に向かって流れ、冷たいと床方向にいくのが特性です。エアコン取り付けの向きで重要になってくる部分ですが、天井よりもあまりに低い位置に取り付けてしまうと、部屋の温度を変えることを考えて効率が落ちてしまうことになるでしょう。室内機本体の周辺から空気を吸い込み変換していくことにもなるため、ある程度の余裕を持った設置が必要です。向きとともに考えておかなければいけないでしょう。

エアコン取り付けの向きを考えるうえで、スイングさせられるから大丈夫だということもあります。ですが、風は直進していくという特性を変えているわけではありません。向きを変えるためのフィンにぶつけていくというだけのことであって、なにも曲がったりしているわけではないからです。抵抗を与えることになるため、その分の効率は落ちてしまいます。消費電力の効率を考えても、空気が流れるような向きにするのは大切といえるでしょう。

エアコン取り付け位置と生活空間の関係

エアコンの向きを考えていくうえで、自分たちの生活空間はどこにあるのかということが重要になってきます、リビングに取り付ける場合、普段生活している場所に届かなければ、効率が悪いと感じるようになるでしょう。風が到達する距離は、エアコンの性能にもよりますが、7m程度であると考えられます。エアコン取り付け位置と向きから、しっかり届くのかどうかは重要な距離になってくるでしょう。

風が抜ける向きは大切ですが、その間にどんなものがあるかも考えていかなければいけません。風が通るということは、ほこりなども巻き上げる可能性は否定できません。普段生活している場所に対してほこりを立てるのはデメリットになってくるでしょう。例えば、静電気でほこりが付きやすいのがテレビです。エアコンの向きと生活環境の間にあれば、動かすたびにそのほこりを巻き上げてしまう可能性が出てきます。エアコン取り付けの際の注意点として、エアコン取り付け位置と電化製品から普段生活しているスペースは、できれば交差しないように配置することも必要です。

エアコン取り付けは、向き次第で効率も変化していきますし、生活にも影響を与えることになるでしょう。掃除などのメンテナンスということも、効率の良い使い方をするためには必要になってきます。既にエアコンはなくてはならないものになってきているでしょう。暑い夏も寒い冬も活躍することになるのですから、あとから失敗したと思わない位置を考えることが必要です。