エアコン取り付けの際の注意点について

日本は夏はとても暑くて、冬にはとても寒くなってしまいます。このような気候に対応するためにはエアコンはとても便利なものです。エアコンによって夏は涼しく、冬は暖かい環境で過ごすことができるのです。そんなエアコンなのですが、自宅にない場合には新しく購入してエアコン取り付けを頼むことになります。業者に工事をしてもらうことでエアコンを自宅に設置することができるのです。その際にはいくつか注意するべき点があります。

そこでこちらではエアコン取り付けに際しての注意点を解説しましょう。どのような点に注意をしておけばトラブルを避けることができるのかを教えましょう。これから自宅にエアコン設置を検討している方はぜひとも参考にしてください。

設置前に確認しておくべきこと

ブレーカーエアコン取り付けの前にまずブレーカーをチェックしておきましょう。ブレーカーにはアンペア数が書かれています。どのような契約になっているのかチェックしておくべきです。エアコンを設置するためには30A以上の契約をしていなければいけません。不足しているならば契約を変更するべきです。電気工事の業者に相談をしておきましょう。

エアコンの電源を確保するためのコンセントもチェックしてください。普通のコンセントから電源を取ることはできないです。それをしてしまうとトラブルの恐れがあります。そのため、必ずエアコン専用のコンセントが用意されていなければいけません。ないならば、新しくコンセントを増設しなければいけないでしょう。

エアコンを設置するスペースについても確認しておきましょう。エアコンの室内機は周囲に5cm以上のスペースが開いている必要があります。また、室外機についても周囲は5cm以上のスペースがあり、前面には25cm以上のスペースがあいている必要があるのです。このような空間がないところに無理に設置してしまうと、エアコンが故障してしまうでしょう。

配管用の穴があいているかどうかも確認してください。エアコン設置には室内機と室外機をつなぐための穴がなければいけないのです。すでに穴があいていたとしても、メーカーや機種によっては使用できないこともあります。穴がないならば穴あけ工事も必要となるでしょう。賃貸物件の場合は穴をあけても良いのかオーナーの許可をもらわなければいけません。

業者に見積もりをもらう際の注意点

エアコン取り付けをしてもらいたいならば、業者に見積もりをもらいましょう。その際にはエアコンを設置したい場所について、できるだけ詳細な情報を伝えておきましょう。そうすることによって、標準工事で対応できるかどうかを判断してもらえます。場合によってはいくつかオプション工事もつけなければいけないこともあるのです。それを踏まえた上での見積もりを出してもらえるでしょう。

実際に自宅まで業者のスタッフに来てもらい、エアコンを設置したい場所をチェックしてもらうという方法もあります。あるいは現場の写真を撮影してそれをメールに添付して送信するという方法もあるでしょう。現場ごとに必要な工事は大きく異なるのです。場合によってはかなりの追加工事が必要となることもあるのです。

標準工事の安さだけで業者を選んではいけません。この場合、標準工事に含まれていない内容が多いため、結局たくさんの追加工事が必要となり、費用があまり安くならないケースが多いです。見積もりをもらったならば、その内訳についてきちんと確認しておきましょう。どこまでが標準工事の内容であり、どれが追加やオプション工事の内容なのかをチェックするべきです。価格表示を明確にしている業者を利用するべきでしょう。そのような業者は誠実な対応をしてくれて、質の高い工事をしてくれる可能性が高いです。